「がんこちゃん」初実写ドラマ化 二階堂ふみが人間の姿を演じる

picture_00227

<記事によると>

NHK・Eテレで放送中の人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』が、放送20週年を記念して実写ドラマ化されることが、明らかになった。『もしもドラマ がんこちゃんは大学生』は3月6日深夜から4日連続(各話3分)で放送され、人間になった女子大生のがんこちゃんを女優の二階堂ふみが演じる。

2086621_201702270715284001488179554c

image











@IEEE80211

ラノベに囲まれる村上春樹作品
pic.twitter.com/oOjTd25FFE

image
 

【このツイートへの反応】
・春樹がラノベとか言ってるやつは絶対どっちも読んだことないわ 
ラノベを過大評価しすぎやし、春樹を過小評価しすぎや

・実際タイトルに釣られて買ってしまったラノベ層もおるやろ

・つか村上春樹の名前も知らん書店員なんているか

・冷静に考えると思ったほどラノベっぽくない

・騎士団長とか言うガキの好むワード使ったヤクルト親父が悪い

image












イギリスの研究で、貧乏ゆすりをする人はしない人に比べて死亡リスクが低いとわかりました。整形外科の分野では、貧乏ゆすりは「ジグリング」と呼ばれ、すでに治療に取り入れられています。

イギリスに住む37~78歳の女性、1万2778人を対象に、1日に座っている時間、貧乏ゆすりの頻度、活動量、食事、喫煙、飲酒などについて調査。さらに12年間にわたり死亡率の追跡調査を行いました。

その結果、ほとんど貧乏ゆすりをしない人のグループのなかで1日に7時間以上座っている人は、同グループの1日5時間未満しか座らない人に比べ、死亡リスクが約3割上がりました。ところが、ときどき貧乏ゆすりをする人、頻繁に貧乏ゆすりをする人のグループでは、1日7時間以上座っていても死亡リスクは5時間未満の人と変わらなかったのです。

そして貧乏ゆすりには血液やリンパ液の流れをよくなることから、むくみの改善、エコノミークラス症候群の予防、女性に多く見られる下肢静脈瘤や、深部静脈血栓症の予防にもつながると考えられます。


【記載元】
http://news.goo.ne.jp/article/kateinoigaku/life/kateinoigaku-20170214134414934.html


【この記事への反応】
・たぶん クチャラーと同じくらい嫌われる「貧乏ゆすり」ではあるがこんな効果があったとは・・・

・小学校の保健室に貧乏ゆすりはダメと書いてあった記憶

・ドラマーは長生きってことですね

・長生きゆすりに改称しよう

↑このページのトップヘ